子どもの能力に合った塾選び

子どもの弱点は、それぞれ違います。

子どもは身体の成長とともに、さまざまな経験をしながら心も成長していきます。
その子どもが心身と共に成長する過程の中で、どうしても避けられない問題の中に、比較的重要なものとして受験があげられます。
当然のことながら、受験をしても合格しないと希望の学校には入学することはできません。
失敗すれば時として学びたいものや、将来では希望の職業にも就けないという可能性があります。
そんな成長期の大事な期間に受験に注がれる時間を合格という成果に結びつけたいのは、本人のみならず、家族や周囲の人々の願望だといえるでしょう。
現在の子供の成績状況と性格を把握し、いつ、何をどれくらいすると成績があがり、志望校に合格できる学力に達成できるかという方法を明確に示してくれる塾を探すことは、重大なポイントの一つだといえるでしょう。

勉強時間を増やしても成績があがらない

子どもが塾に行くことで、勉強時間が増えたと勘違いしたときに起こりやすいのが、この状態です。
せっかく学校と塾の授業を受けたにもかかわらず、その日の授業の復習をしないでいると、授業の内容を忘れたり、おろそかになることで勉強が進まない場合があります。
進まなければ、本人や周囲も苛立つでしょうし、何よりもやる気がなくなっていきます。
家に帰ってからの復習や予習に費やす時間に余裕がない場合、塾への通学が逆効果になる場合があります。
家での復習や予習などの反復練習は、問題を解く速さにもつながり、合格ができるか否かにも影響があります。
良い塾を選んで通うだけでは、合格への道には繋がりません。
試験日を想定して、自ら取り組む姿勢こそが大事だといえるでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る